医師通い

いわゆる大人になってから数年に一度は医者通いをやる。差し障りだが歯は形質遺伝ということだから仕方ないとあきらめてある。とある特定の歯が痛くて歯医者に出向くのだが、当初の目当てが終わっても、ここも治しておいた方が良いなどと言われて、いつまでも診療が長引くのが参る。歯医者は虫歯の細菌を植え付けているのではないか、などと疑心暗鬼にかられたこともある。
遺伝とは言え、虫歯などは取り敢えず普段の処分のマイナスなのだろう。極力配慮はやる狙いだが、それでもときにはやられて仕舞う。
最近は新たに虫歯になることはないが、歯周病という厄介なものに掛かることが多い。たまたま只今歯槽膿漏になってはおらず、入れ歯にせよとも言われていない。できればこのまま最後まで自分の歯で行きたいと思っているのだが、やっぱ時にこういう歯周病のせいで、歯が、と言うよりも歯の知り合いが痛くなり、医者に行くことに変わる。
近年も下の左側裏の歯の知り合いが痛くなった。ときどきそういうことがあるのだが、これから虫歯では弱いことは分かっているし、その周りの歯の逆鱗も取って貰ってあるのだから、歯瞬間ブラシを使って普段より綿密にしみを取れば数日で歯茎の浮腫もひっこんでいた。アンチエイジングサプリおすすめ